医院ブログ

2015.05.28更新

 こんにちは名古屋市中川区の佐藤歯科医院です。

今年も毎年恒例の歯と口の1日健康センターに行ってきました。

歯がまだ1本しか生えていない赤ちゃんから、保護者の大人の方まで幅広い年齢層の方々の歯科検診や、子供さんのフッ素塗布、歯みがきやお口の悩みの相談などが行われました。昨年より200名以上多い約700名のお子様達が来場されました!

 いまや歯科の常識として予防歯科が浸透していますが、保健所という皆が利用する公的な機関から疾病の予防ができればたくさんのみなさんが健康の恩恵を享受できるのではないでしょうか。
特に今年は例年に比べて保護者の方からの健康相談が非常に多く、昨年の約2倍の190件あったそうです!!

お口の中の健康は、う蝕(むし歯)、歯周病、歯列不正(歯並びのみだれ)、欠損歯の修復(義歯、インプラント)など多岐に渡りますが、注目されているのは全身的な疾患との関連です。高血圧や糖尿病も口腔内細菌が体内に常時流入する事が悪化の原因の一つであることが科学的にも証明されています。

 こう言った事業を行うことで予防歯科がさらにみなさまに広まり、お口の中から健康になって頂けるように中川区の歯科医院みんなで地域に貢献したいと思っています!!


予防歯科なら名古屋市中川区の佐藤歯科医院

投稿者: 佐藤歯科医院

2015.05.17更新

 こんにちは名古屋市中川区の佐藤歯科医院です。

この日は前日の土曜日に名古屋市中区栄で行われた『指定都市学校保健協議会前日歯科保健協議会』を名古屋市学校歯科医会が主催のため、土曜日の午後を休診して行ってまいりました。
この会議は大阪、神戸や札幌など全国の都市にある学校歯科医会の先生方が一同に介して行われるイベントで、互いの学校歯科への取り組みを意見交換しあう会議です。17日の今日行われた『指定都市学校保健協議会』の歯科医のみで行われるものです。



 この中で我が名古屋市学校歯科医会が推し進めているのが、学校検診での不正咬合の考え方の刷新です。今まで30年程長いこと用いられてきた基準を新しく見直すことを提唱しています。
30年前とは違い、今では審美的な要求とは別に歯列不正による咬合異常(かみ合わせの異常)の問題や、歯が重なったり歯列から飛び出して生えている歯の清掃が困難なことから、むし歯や歯周病のトラブルが発生しやすい問題が注目されています。

日本では国民皆保険の恩恵を受けて、大概の疾病は高額な治療費の負担がかからないような仕組みになっています。しかし、なぜか歯列矯正だけがこの枠組みから外れているせいで特別な治療というイメージが定着してしまっています。簡単に言うと、審美的な見た目の改善だけが歯列矯正の目的のため、わざわざ見た目の改善に高額な治療費をかけるのは贅沢なことという・・・。
確かに高額で時間もかかる歯列矯正ですが、正常歯列ならば治療できることが歯列不正があるために不可能になる症例が多々発生することを考えると、適正な歯並びにしてずっと美味しくご飯を食べて、大きく口を開けて笑って過ごせる人生は、平均寿命が男女とも80才を超える長い人生を考えると非常に有意義ではないでしょうか?

当医院では歯列矯正専門医院と綿密な連携をとって治療をすすめることが可能なため、歯並びのご相談にも積極的に取り組んでいます。それでも歯を保存できない場合は、第3の歯(乳歯、永久歯に継ぐ)と言われている歯科用インプラントも必要かも知れません。

 追伸、『指定都市学校保健協議会前日歯科保健協議会』を早退させて頂き、本日はインプラント手術に必要な口腔外科手技を学ぶために、東京医科歯科大学へ研修会に行ってきました!
患者さんのみなさまに安全に治療を受けて頂けるように、今後も知識・技術の研鑽を続けていこうと木を引き締めた週末でした。




 審美、歯並び、インプラントのご相談は名古屋市中川区の佐藤歯科医院

投稿者: 佐藤歯科医院

2015.04.19更新

 こんにちは名古屋市中川区の佐藤歯科医院です。

この週末は私が所属している勉強会主催のProfessional Dentistry Summitという講演をスタッフの歯科衛生士さん方と一緒に聴講してきました!

土曜日の午後と日曜日1日の開催でしたが、診療を半日休ませて頂いた価値のある講演でした!

 この講演は私が昨年から今年の3月まで毎月福岡に勉強に行っていた研修会主宰の木原敏裕先生と、その門下生の先生方が執筆された書籍のコンセプトに沿った講演会です。
私が1年間かけて教えて頂いた内容であるインプラント、審美、歯列矯正、咬合治療について直接スタッフに聞いてもらう絶好の機会だったため、歯科衛生士さんにもついてきてもらいました。


 普通に使えているかみ合わせで何も自覚症状が無ければ、大きく治療をする必要は無いと考えられます。しかし、ひとたびむし歯や歯周病、外傷などで歯の治療が必要になったときに1本の歯の治療だけではすまない場合があります。
なぜなら、歯は1本ずつ別々の個体ですが咬むという機能を発揮するには、全ての歯が顎ごと一緒に動くことになります。
そのため歯並びに不正がある場合にはそれが障害となって、本来可能である処置が適切に施せないことがあるのです。

そのためにインプラントを行って歯牙の欠損を補填し、歯列矯正で適正な位置に歯を並べた上でかみ合わせを整える治療をより自然で審美的な材料(セラミック)で修復することが求められています。
それによって美味しくご飯を食べられておもいきり笑える生活が手に入れば、患者さんの生活の質が向上することは目に見えて明らかです。そこに時間と費用をかけることは、生活を充実させるという意味ではご自身の趣味にかけることと何ら変わりは無いので歯内でしょうか?

 佐藤歯科医院ではそのような希望のある治療を患者さんと一緒に進められるように研鑽を続けてまいります!!

投稿者: 佐藤歯科医院

2015.04.16更新

 こんにちは名古屋市中川区の佐藤歯科医院です。

この日は私が数年間歴任している学校歯科医の研修会に行ってきました。


と言っても、受講側では無く主催者側です。長年学校歯科医を務めている間に学校歯科医会の理事というお役目を任されることになりました。大変光栄ではありますが、その分責任も違ってくるなと思っています。

 私の担当校は中学校ですが、全体的にむし歯は減少傾向にあります。
しかし親の管理下から丁度手が離れがちになる時期ですので、歯みがきをサボりがちになる時期でもあります。
幼少期から定期的に歯科を受診してフッ素塗布を受けたり、歯磨き粉に含まれているフッ素の恩恵でむし歯になりにくくはなっているものの、歯みがきをサボりすぎれば当然むし歯にはなりますし、歯ぐきが腫れる歯肉炎になっている生徒が多く見受けられるのが現状です。

 体の大きさは大人と同じくらいに成長しているように見えても、お口の中の健康に配慮できるほど精神的に大人にはなっていない微妙な年齢では無いでしょうか。
過剰な干渉は良くないですが、歯みがきをしないことでむし歯や歯肉炎ができれば、口臭の原因にもなり人間関係の構築にも影響が出ることを教えることが大切だと考えています。




歯肉炎、歯周病の予防には中川区の佐藤歯科医院

投稿者: 佐藤歯科医院

2015.02.15更新

 こんばんは、名古屋市中川区の佐藤歯科医院です。

今日、毎月福岡で勉強させて頂いたAADC(Anti Aging Dentistry Course)の最終回から帰ってきました。

この勉強会は今までに経験したことの無い講習会で、実技の実習はまったくありません。
患者さんの資料採得をしっかり行って実際に治療した症例を主宰の木原敏裕先生をはじめとした受講生の先生方でじっくり見つめ直し、診断能力を高めていく講習会です。そのため、聴いている時間中ずっと頭をフル回転させていなくてはならず、大変疲れる勉強でもあります。

しかし参加されている先生方は仕事に対する姿勢も最高、勉強が終わった後に一緒に食事をしたりと仲良くさせてもらい、人間性も最高の先生方ばかりで、非常に楽しく過ごせた10ヶ月間でした。

 私はまだまだ結果を出せてない見習い状態での参加をさせて頂いた身でしたが、歯並びを整えるための歯列矯正、審美的に優れなおかつ機能的にも美味しく食事がしてもらえるかみ合わせを提供出来るインプラント、それを長期に維持していくためのメンテナンスを考慮した歯科治療を提供していきたいと思います。
今回お世話になった先生方の恩に報いるためにもここで学んだすべてを実践していこうと決意を固くする所存です。
先生方、ありがとうございました!!これからもよろしくお願いいたします!!


投稿者: 佐藤歯科医院

2015.01.22更新

 こんにちは名古屋市中川区の佐藤歯科医院です。

みなさん歯並びについてはどのように意識されているでしょうか? ただ見た目の、審美だけの問題ととらえているのならば少し問題を軽視していると思われますeye 

歯並びが不正だと、自分がどんなに頑張っても汚れ(プラーク)が掃除できない場所があるはずです。しかしその場所がどこの部分かは自分ではわからないことがほとんどなので、いつも決まった部分に歯石がこびりつくことになります。
むし歯菌や歯周病菌の格好の繁殖場所が常に存在することは、経年的に歯や歯周組織にダメージを与えることになります。また、歯列が不正だとかみ合わせによる咬合力の負担が特定の歯に問題を起こすことがあり、歯が削れたり欠けたり時には歯が完全に割れてしまうこともあるのですsign02 
そのようなトラブルが起こらないようにするためにも、歯列矯正をするメリットは大いにあるといえます。
子供の頃から歯並びを整えることが、それらを防止することにつながります。また、成人でもむし歯や歯周病の治療に際して歯並びを整える必要がある場面も多く見られます。『もう年だから必要ない。』とおっしゃる方もいらっしゃいますが、おいしくご飯が食べられない5年・10年は苦痛では無いでしょうか? 私なら1年間でも耐えられないかも知れません。

 当医院では矯正専門医と連携し、きちんとした治療計画をたてた上で必要な処置を提案いたします。その際に、歯を失った場所にはインプラントなどを用いて何でも美味しく食事が楽しめるように、審美性が必要な場所にはセラミックで遠慮無く大きな声で笑える笑顔を提供したいと考えています。
お口の健康から全身の健康を実現したい方は、遠慮無くおたずね下さいねflair


 歯並びなら名古屋市中川区の佐藤歯科医院

投稿者: 佐藤歯科医院

2014.12.31更新

 こんにちは名古屋市中川区の佐藤歯科医院です。いつもご利用いただきましてありがとうございます。

 今年はターニングポイントになる忙しいけど充実した1年でした。お世話になっている先生のお誘いがあり、覚悟を持って挑んだ通年の講習会でしたが、まさに目が覚める思いでした。

むし歯の治療、歯内治療、歯周病の治療はもとより、セラミックを用いた審美歯科治療、歯列矯正や歯牙欠損部のインプラントによる回復とかみ合わせ全体を考慮した咬合治療などすべてをトータルで考えることの重要性を今更ながら痛感しました。
すべてのケースにおいて理想的な治療が施せるわけではありませんが、それが可能かどうかを診断することがわれわれ歯科医師にとって最も大切である事を学び直しました。その基本に立ち返り、さらに前進していく気持ちにさせて頂いたことに、主宰である木原敏裕先生をはじめ、お誘い頂いた岡崎英起先生や受講生・再聴講の諸先生方に深く感謝しております。

 2015年はこれを幹としてさらに枝葉がつき、花が咲くよう飛翔の年になるように努力したいと思います。

 最後になりましたが、佐藤歯科医院にご来院頂いている皆様が健康にすごせる良い年でありますよう祈念しております。
また来年もよろしくお願い申し上げます。

佐藤歯科医院 佐藤是孝

投稿者: 佐藤歯科医院

2014.10.20更新

 こんにちは名古屋市中川区の佐藤歯科医院です。

しばらく忙しさにかまけて更新をサボってしまいました。

ただ、意味なくサボっていたわけでは無く、インプラントやセラミックなどの審美、歯科矯正やかみ合わせについての勉強を毎月1回土日を利用して講習会を受講しているのですが、それに関連しての勉強がハンパなく忙しいからでして・・・。

でもそれを患者さんのみなさまに還元するべくレベルアップ中ですのでご期待下さい!!

 本日は地元の皆様の健康増進に寄与すべく、保健所で行われる3歳児検診に行ってきました。
かかりつけの歯医者さんがある子にはさすがにむし歯は無いことが多いですが、定期検診に通っていない子はたくさんのむし歯が乳歯から出来てしまっている子もチラホラいました。

 乳歯は抜けるからむし歯になっても大丈夫と誤解している方も多いですが、むし歯だらけのお口の中に新しい永久歯が生えてくると、すぐにバイ菌が感染してしまい、生えたすぐにむし歯になってしまいます。
また、むし歯で早くに乳歯を失ってしまうと、後から生えてくる永久歯の萌出場所が狭くなってしまい、歯がねじれたり重なって生えてしまい歯並びが悪くなってしまいます。

 さまざまな問題を起こってから対処するのではなく、起こらないように予防してあげるのがお子さんのためになります。
かかりつけの歯医者さんをつくって定期検診を受け、歯みがきの指導とフッ素を塗ることで簡単に予防ができますので、大切なお子さんのためにお口の中にも関心を持って下さいねhappy01


予防歯科なら名古屋市中川区の佐藤歯科医院

投稿者: 佐藤歯科医院

2014.07.31更新

 こんにちは名古屋市中川区の佐藤歯科医院です。久しぶりの更新となってしまいました。

今週は通年で受講している福岡での講習会に土曜日の診療をお休みさせて頂いて参加してまいります。(医院は大先生の診療はしています。)

 講師の先生をはじめ、受講生の先生方みなさんが非常に優秀なセミナーで毎回緊張の連続です。今回のテーマは前回同様歯列矯正ですが、前回受講してから患者さんには歯列矯正の必要性をお話しすることが多くなりました。こちらの提案を受け入れていただける患者さんのみなさまには、素晴らしい笑顔で人生を送って頂けることがお約束できると思います。

 当医院では歯列矯正は行っていませんが、信頼できる矯正専門医の先生をご紹介できますので遠慮無く申しつけて下さいね。歯並びが並んだ後は、キチンとかみ合わせの治療をして、見えるところはセラミックで審美的にきれいにすることもできますよ!!
 インプラントの準備も着々と進んでいて、仕事にもドンドンやり甲斐が増えてきて楽しみです!!

投稿者: 佐藤歯科医院

2014.06.19更新

 こんにちは名古屋市中川区の佐藤歯科医院です。

第140回日本保存学会春季学術大会に参加しました。


 今回の会場は滋賀県の膳所という駅の近くのびわ湖ホールでした。JRで行くと早いですね。
あまりなじみが無い場所でしたが、あっという間に到着でした。

 保存専門医として取り組む治療は、むし歯の治療や歯周病の治療、かみ合わせの治療や歯並びの矯正治療など多岐にわたります。すべての基本は一本のはを残すことから始まりますが、お口はすべての歯や歯を支える歯周組織が一緒に活動する器官です。そして体の中に通じる特異な器官でもあります。
お口の中の問題は様々な全身疾患の問題になることもわかっています。

 我々は常に新しい情報を得るために、このように学会や講習会に足を運び、患者さんの健康に答える準備をしているわけですねgood



保存専門医なら名古屋市中川区の佐藤歯科医院

投稿者: 佐藤歯科医院

前へ 前へ

お口に関する不安なことは どなたでもお気軽にご相談ください 診療のご予約・お問い合わせはお電話にて ホームページを見たとお伝えいただけるとスムーズです

  • 診療時間 9:00~13:00/14:00~18:00(最終受付17:30) ※土曜日は16:00(最終受付15:30)まで ●休診日 木・日・祝
  • img-bottom_main02.jpg
  • お待たせしないための問診票
  • 医院ブログ CLINIC BLOG
  • 症例ブログ CLINIC BLOG
  • 求人案内 RECRUIT