医院ブログ

2017.03.01更新

 こんにちは名古屋市中川区の佐藤歯科医院です。

久々のブログ更新になります。ブログの更新はサボってましたが、仕事は忙しくしておりました。
機会があればブログにもあげるかも知れませんが、所属している勉強会で高名な先生の講義を拝聴したり、
インプラントの講習会に参加して知識と技術の再確認をしたりなどです。

 そして院内設備のリニューアルにも取り組み、昨年末にとうとう歯科用コーンビームCTを導入いたしました!
今まではインプラントの精密検査のためにCTを総合病院まで撮影に行って頂いていたのですが、これからは患者さん方に
手間を取らせずに診査することが可能になりました。
インプラントだけに限らず、難治性の歯周囲の病変についての精査も適宜できるようになったため、
みなさまの大切な歯を保存するために、歯科保存専門医としてさらに的確な診断ができるようになったと思います。

 またむし歯や歯周病、歯の欠損補綴などの口腔内疾患について、みなさまのかかりつけ歯科医としての役割を果たせるように、
かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所としての施設基準を満たす申請をすることが可能になりました!
むし歯予防のためのフッ素塗布や歯周病管理のためのSPTなど、少しでも皆様の健康に貢献できるようにこれからも
精進して参ります!!

 健康についてのお悩みがあればどうぞお気軽にご相談下さいね。



歯科用コーンビームCTなら名古屋市中川区の佐藤歯科医院

投稿者: 佐藤歯科医院

2016.10.02更新

 こんにちは名古屋市中川区の佐藤歯科医院です。

土曜日の診療をお休みさせて頂いて、土日でインプラントの講習会・実習を受講してきました。
インプラントを長く使って頂くために必要な知識と技術、不幸にもインプラント周囲炎になってしまった
場合の対処法についての講習会でした。

インプラントは不幸にも歯を失ってしまった場合に、天然歯と同じレベルでの咬む力を再度獲得できるため、
取り外しの義歯(いわゆる入れ歯)で思うように食事が楽しめないというお悩みを解決するのに非常に有効な手段です。
歯が有った時と同じように何でも咬めることは、何事にも代えがたいとおっしゃる患者さんも多数いらっしゃいます。

しかし、神様がわれわれ人間に与えて下さった天然歯に勝るかと言えば、それは・・・。
どのような機械器具であっても、必ず手入れや修理をしていかないと、長く使い続けることはあり得ません。
車や高価なカバンなど、どんなに高額にお金を払った物でも、毎日使い続けて5年・10年と新品と同様で
トラブル無しと言うことはかなり稀なことではないでしょうか?

当医院では、インプラントが口腔内に有る無しにかかわらず、定期的な口腔内のチェックと清掃を推奨しています。
お口の中の清掃はお部屋の掃除と同じです。ホコリがたまりやすいのは目につきやすい床の上よりもタンスの裏や置物のすき間ではないでしょうか?
お口の中も同じで、普通に歯みがきで落とせる表面の汚れよりも、歯と歯肉の境目や歯の間などのすき間の清掃が重要です。
ご自身では行き届かない部分の清掃をプロフェッショナルケアとして清掃・管理しています。

インプラントは人工の歯根を歯ぐきの中に埋め込んでいるため、そのすき間のメンテナンスは天然歯よりも大切になります。
せっかく高額な自費治療を取り入れて頂いたなら、それを長く利用していただきたいと思っています。

 みなさまの健康と、楽しい日常を送って頂けるように常に新しい情報をご提供できるように研鑽してまいります!!





インプラントなら名古屋市中川区の佐藤歯科医院

投稿者: 佐藤歯科医院

2016.09.07更新

 こんにちは名古屋市中川区の佐藤歯科医院です。

今日は午前中のみ診療を行い、午後は月1回のミーティングを行いました。
ミーティングでは様々な話し合いをいたします。
患者さんのみなさまへいかに良質なサービスを提供出来るか、感染予防のための滅菌や消毒についてや
医院で販売しているホームケアグッズ(歯ブラシ・歯間ブラシ・デンタルフロス・歯磨材など)についての話し合いもあります。

また、口腔内写真の撮り方やPMTCの相互練習なども行い、技術の研鑽する時間を作っています。
もしこのブログを見て下さっている歯科衛生士さんがいらっしゃったら、ぜひ当医院で一緒に勉強し働きましょう!!

その後はみんなでご飯を食べに行きましたrestaurant
誕生日のスタッフもいたので、お祝いも兼ねてhappy02




歯科衛生士さんが活躍するなら名古屋市中川区の佐藤歯科医院

投稿者: 佐藤歯科医院

2016.09.04更新

 こんにちは名古屋市中川区の佐藤歯科医院です。

日曜日は鶴歯会という私がお世話になっている勉強会の定例会でした。
畑崎清孝先生をお招きして、『MFTと小児矯正について』のご講演を拝聴いたしました。



『MFT』とは聞きなじみがないと思いますが、要は口腔周囲の筋肉や舌の悪習癖を改善するための機能訓練です。
当医院でもくいしばりや歯ぎしり、舌突出による様々な弊害について、患者様方にお話しをしておりますが、
とくに成長期においてのお子さま方の歯並びには、これらの影響による骨格の変化の問題が無視できません。
そのために、歯列矯正を行う前や術中にも並行して『MFT』を行うことが非常に有効です。

歯並びが整えば審美性が高まるだけでなく、汚れもたまりにくく歯みがきもしやすくなるため、むし歯や歯周病のリスクも少なくなります。
将来的に歯が欠損することがなければ、義歯やインプラントなどに頼らなくてもすむわけです。

 お子さまの歯並びについての問い合わせが多い中で、的確なアドバイスとともに、当医院での対応も出来るように
準備をしております。

準備が整い次第お知らせいたしますので、しばしお待ち下さい。

投稿者: 佐藤歯科医院

2016.08.28更新

 こんにちは名古屋市中川区の佐藤歯科医院です。

本来なら休日である日曜日に、GCと言う歯科医療関係の大手会社が主催する『改めて学ぶ歯周病治療セミナー』と題するセミナーに
当院スタッフの歯科衛生士さん2名と一緒に勉強してきました。


長野県でご開業されている金子歯科医院の金子先生と、そこで勤務の歯科衛生士さんの伊藤先生のご講演でした。

実に40才以上の方の80%は数本の歯周病に罹患した歯を持っていると言われています。
歯周病は慢性的な病変であり、また生活習慣病でもあります。そのため全身疾患との関わりも深く、歯周病菌が口腔内でまん延するために
糖尿病や高血圧がひどくなったりすることも報告されています。
言い方を変えれば、歯周病の予防や治療を行うことで糖尿病や高血圧の症状が改善することが見込めるわけです。

お家での歯みがきはむし歯予防にも歯周病予防にも大変重要ですので、当医院でも口腔内の清掃指導には力を入れておりますが、100%汚れを落としきるのは
誰しもが困難です。
そのような場合に定期的に歯科医院に通院していただければ、我々が患者さんのお口の中を定期清掃する事が出来ます。
自分で出来ない部分はプロの清掃でカバーするわけですね。

そのために、いかに患者さんのみなさまにこの重要性をお伝えできるのかが我々の重要な仕事となります。
なるべく分かりやすい説明で、定期的なメンテナンスの重要性を理解していただけるようにこれからも
スタッフ一同努力して参ります!

投稿者: 佐藤歯科医院

2016.08.16更新

よろしくお願いいたします。

投稿者: 佐藤歯科医院

2016.06.19更新

 こんにちは名古屋市中川区の佐藤歯科医院です。

16日の木曜日は休日ではありますがスタッフみんなと連れだって、愛知県歯科医師会主催の『0才児からの口腔機能育成研修会』を
受講してきました。



この研修会は私の先輩でもある小児歯科専門医の今泉三枝先生が、自院の歯科衛生士さん方との取り組みを分かりやすく講義して下さるものでした。

まだ乳歯が生えそろう前から、と言うより生まれて2週間以内には助産院に連れて行って正しい哺乳の仕方を学ぶところから大事!!
その子の口腔機能が正常に発達していくかが変わってしまう可能性があることも目からウロコでした!!

当院でもむし歯や歯周病は予防が大切と患者さん方にはお伝えしていますが、これぞ究極の予防歯科だなと・・。

正しい哺乳の仕方を確立することで赤ちゃんのお口の中の形が正しい形態に形作られていくわけです。
そうでないと歯が並ぶ歯ぐきの内部にある骨の形が不正になってしまうので、歯列不正が起こってしまうのですね。

当医院でも妊産婦歯科検診で受診される方がたくさんいらっしゃるので、今回得た知識をお伝えして安心して子育てが出来るように
お手伝いがしたいと思います!!!

わがスタッフも自分の身になって講習に聞き入ってました。今泉先生ありがとうございました!!





予防歯科なら名古屋市中川区の佐藤歯科医院

投稿者: 佐藤歯科医院

2016.06.12更新

 こんにちは名古屋市中川区の佐藤歯科医院です。

先週の木曜日は休日を利用して第144回日本歯科保存学会春季学術大会に参加してきました。
  

 私は歯科保存治療専門医の資格を取得しています。
これは皆さんの歯を可能な限り保存するために努力をするための資格と思っています。
骨折した骨はくっついて機能回復が望めますが、むし歯で穴が開いた部分は自然治癒することはありません。
歯周病で溶けてしまった歯を支えている歯槽骨は、特別な再生療法を行えば多少の再生は可能ですが、欠損部分が大きければ元には戻せません。
そのためには毎日のセルフケアである歯みがきが大切です。

歯みがきはお家の掃除と同じです。皆さんは部屋の掃除でチリ一つ無い状態にする事ができますかsign02 
私にはできません。
掃除もこまめにしていれば1回の手間はかかりませんが、1ヶ月2ヶ月も掃除をせずにいると、積もるホコリや整頓していない
洋服やカバンなどで大変な労力が必要になって時間がかかってしまいませんか?

ホコリがたまりやすいのはタンスの裏やモノが置いてある下などですよね。ソコを掃除するには普通に掃除機をかけているだけでは
入りません。先の細いアタッチメントに付け替えてやらないとキチンと掃除できません。

お口の中も同様で、ご自身に合った歯ブラシや歯間ブラシを処方したり、歯みがきやデンタルフロスの使用法を指導したり、
むし歯予防のフッ素塗布を行ったりする定期的なメンテナンスを行うことでお口の健康をより良くしていくことができます。

それでも起こってしまうお口のトラブルにはレジン修復などのむし歯処置や、インプラントなどの欠損修復処置をおこなって
機能回復を行っていきます。

お口の中の健康は全身の健康にもつながっていることは今や常識です。
お悩みがあればまずはご相談下さいね。




歯の保存やむし歯予防には名古屋市中川区の佐藤歯科医院

投稿者: 佐藤歯科医院

2016.06.05更新

 こんにちは名古屋市中川区の佐藤歯科医院です。

土曜日は恒例の名古屋市学校歯科医会などが共同主催の『歯を守るよい子の会』が開催されました!


この会は学校検診でむし歯や歯周病のチェックでスコアが優良だった学校が表彰される会です。
写真は代表の児童がスピーチをしているところです。
今や目標は12才でむし歯ゼロをうたうくらいにむし歯の数は少なくなっていると言われています。
しかし、確かに無い人は無いですが有る人の口の中には複数のむし歯が有ることが多いため、毎日のセルフケアである歯みがきは欠かすことは出来ません。
そのための予防活動をこれからも積極的に行っていこうと考えています。

 また日曜日はインプラント周囲炎に対する対処法の講習会に参加してきました。
土曜日とは対照的にこちらは歯を失ってしまった場合に対する勉強です。


不幸にも歯を失った場合、インプラント治療は欠損部を補うためにも、さらには咬合力の負担から残った歯を守るためにも非常に有益な処置法です。
しかしインプラントの周囲が汚染していれば、そこでの炎症が原因でインプラントもダメになってしまう場合があります。
そのためインプラントを入れてからの定期的なメンテナンスは最重要事項です!

ここで習った知識と導入する器材で、安心安全なインプラント治療を皆さんに提供出来るように日々努力して参りますね!!





 予防とインプラントなら名古屋市中川区の佐藤歯科医院

投稿者: 佐藤歯科医院

2016.03.23更新

 こんにちは名古屋市中川区の佐藤歯科医院です。

3/18から3/23まで診療をお休みさせて頂いて、所属している勉強会であるK-projectの海外研修会に参加してきました。
期間中は患者さんのみなさまにはご迷惑をおかけしましたが、実りある研修会でしたsign01


 この研修会は一昨年から昨年初めまで月イチで博多に行って参加していた研修の仕上げの会です。
主宰である木原先生や会員の先生方のケースプレゼンテーションを拝聴させて頂き、私も拙い発表をして参りましたsweat01


この研修会ではインプラントなどの欠損補綴・審美修復・歯列矯正をキチンと行って、それが患者さんの人生のQOL(クオリティーオブライフ)を向上し継続するようにメンテナンスを行っていくことをコンセプトとしています。

この会で活躍していらっしゃる先生方はよく学びよく遊べを実践しています。こんなにキレイに患者さんを治療できるんだと感心する一方、こんなにゴルフも頑張るんだなと・・happy02


 最終日には普通では入れない会員制のレストラン(ピカソのうん億円の絵画なども展示されていましたeye)で食事する機会にも恵まれ、一流の仕事をする事とは何ぞやということも学べました。


 行ったのは確かにハワイでしたが、ビーチにもプールにも1回も入る時間はありませんでしたsweat02
それくらい価値のある勉強ができたと自負しています!

 来年もこの会に参加できるように毎日の仕事を頑張って、患者さんのみなさまにも喜んでいただけるように研鑽をしていく所存です!!





メンテナンスには名古屋市中川区の佐藤歯科医院

投稿者: 佐藤歯科医院

前へ

お口に関する不安なことは どなたでもお気軽にご相談ください 診療のご予約・お問い合わせはお電話にて ホームページを見たとお伝えいただけるとスムーズです

  • 診療時間 9:00~13:00/14:00~18:00(最終受付17:30) ※土曜日は16:00(最終受付15:30)まで ●休診日 木・日・祝
  • img-bottom_main02.jpg
  • お待たせしないための問診票
  • 医院ブログ CLINIC BLOG
  • 症例ブログ CLINIC BLOG
  • 求人案内 RECRUIT