審美歯科・ホワイトニング

  • Home >
  • 審美歯科・ホワイトニング

審美治療は素材の違いだけなのか

保険での治療は、日本全国どの歯科医院でも、誰もが平等に同じ治療を受けることができます。ただし料金を一律にするために、細かく治療方法や回数、材料などの条件が決められているため、その制限の中で治療を行う必要があります。一方、保険外治療(自費診療)の場合には材料や治療法に制限は全くありません。保険治療でもその制限の中で十分に治療が出来るケースもありますが、患者さまの状態によっては保険内では十分な治療が難しい場合もあります。

自費診療と保険診療の差
当院では保険診療でも全力で取り組んでおりますが、一方でその二者の間には区別があるべきだとも考えております。保険診療と自費診療の違いとは単なる素材の違いだけではありません。自費診療では医師が時間や治療法の制限を受けずに高い精度での治療を行うことが可能になるために、「見た目の美しさ」「むし歯再発リスクの低さ」「清掃性」などにおいて保険診療とは明らかな違いがあります。

金属アレルギーにお悩みの方へ

金属アレルギーの症状には大きく分けて2種類の症状があります。金属接触アレルギーと全身型金属アレルギーです。このうち歯科の領域と主に関連するのは後者の全身型金属アレルギーで、歯科治療で使用される銀歯や入れ歯の金具などの歯科用金属や内服薬、食品などに含まれる金属が体内に侵入することで発症します。口腔内の粘膜や腸から吸収されたあと、汗として皮膚から分泌されると症状が現れます。金属接触アレルギーとは違い全身から汗とともに出てくるので、手のひらや足底に多く症状が見られます。手のひらや足の裏にポツポツと水泡ができる掌蹠膿疱症は、金属アレルギーと関係が深いと考えられている皮膚病です。
歯科用金属である銀歯やアマルガムを除去してセラミックに替えるする治療を行うことにより皮膚の状態が改善するケースは多々あります。金属アレルギーが気になる方は、既に入れている銀歯をセラミックなどの非金属の歯科用素材に交換することで、ある程度症状が改善される可能性があります。もちろん、体の症状と金属アレルギー、口内の金属素材の関係については個体差もあり、詳しい検査などで医科との連携が必要になる場合もありますが、アレルギー症状に悩まれている方は一度メタルフリー治療を検討してみてはいかがでしょうか。

歯が白くなることで、見た目が良くなること以外のメリット
「思いきり笑えるようになる」ことは、歯が白くなることによって得られる最大のメリットです。自分の歯に自信がない方は、人前でしゃべることや歯を見せて笑うことに抵抗を感じるものです。歯を白く美しくすることで、お顔の印象は明るくなります。それによって自分に自信が持てるようになり、何事にも積極的になれば、人生が変わるといっても過言ではありません。当院では、ホワイトニングやセラミック治療などの審美歯科の治療を通して、それまでになかった「人前で思いきり笑顔になれる」という安心と自信をより多くの方に提供したいと考えています。

ホワイトニングはすべての性別、年齢の方におすすめです

最近ではホワイトニングの効果が広く認識され、アンチエイジングへの期待から若い女性ばかりでなく、男性や熟年者の方がホワイトニングを行うようになっています。当院でもホワイトニングの希望者は、若い方より熟年者の方に多い傾向があり、リピートしてくださる方の数からも満足度の高さが伺えます。当院ではスタッフも患者さまと同じホワイトニングの材料を使用して歯を白くしていますので、白い歯に興味がある方はお気軽にスタッフにおたずね下さい。

お口に関する不安なことは どなたでもお気軽にご相談ください 診療のご予約・お問い合わせはお電話にて ホームページを見たとお伝えいただけるとスムーズです

  • 診療時間 9:00~13:00/14:00~18:00(最終受付17:30) ※土曜日は16:00(最終受付15:30)まで ●休診日 木・日・祝
  • img-bottom_main02.jpg
  • お待たせしないための問診票
  • 医院ブログ CLINIC BLOG
  • 症例ブログ CLINIC BLOG
  • 求人案内 RECRUIT