予防歯科・クリーニング

  • Home >
  • 予防歯科・クリーニング

当院がなぜ予防が大切と考えるのか

定期的なケアが歯の健康を守ることに繋がります
当院では予防歯科を特に大切に考えています。お口の中のクリーニングは家の掃除と同じで、汚れが溜まってから一気に掃除しようと思うと大変ですが、汚れているかどうかわからない程度の状態でまめに拭き掃除をしていれば、一回ごとの手間は格段に楽になります。
お部屋の中でホコリの一番たまる場所はタンスなどの置物の裏やすき間ではないでしょうか?そこを掃除するには先の細い器具を使わないとホコリを取り除けないのではないでしょうか?
一度むし歯や歯周病になってしまうと対処に時間も費用も大きくかかります。当院ではあなたのお口の中の状態に合った歯みがき粉や歯ブラシなどの道具を提案いたします。お口の健康を守るためには、何も気になるところがなくても歯科医院に通って定期的なケアをすることが大切です。

「生涯医療費が歯で決まる」という考え方について

継続して歯科の定期検診を受けている人と、痛くない限り歯科医院に行かないという人との生涯の総医療費を比較すると、ある程度の年齢までは定期検診に行っている人の方が医療費が高くなるものの、それ以降は逆転するという興味深い調査結果が発表されています。口は感染源である細菌が体内に入っていく一番の窓口なので、そこを綺麗に保つことはとても重要です。体温の37度という温度は、もっとも細菌が繁殖しやすい温度でもあります。
口の中には常に食べかすなどの細菌菌の栄養源があるため、口の中で細菌が培養されて、体の中に送り込まれてしまいます。お家での歯みがきや定期検診による歯科医院での清掃などの予防をしっかりと行い、口の中を綺麗に保つことで、全身に害を及ぼす因子を排除できるのであれば、医療費の節約につながる可能性は大いにあります。
何年も歯科医院に行っていない方が、ある時痛みを感じて来院したところ、様々な問題が複合的に発生していて全て治すのに多大な時間と金額がかかってしまったということが実際に起こっています。数か月や1年という単位で考えれば定期検診を割高に感じる方もいるかもしれませんが、生涯を通してみると治療費を最小限に抑えられる方法だといえるのです。

当院で予防歯科を受けるメリット

当院では、歯科医師だけではなく歯科衛生士も拡大鏡を使用することで、より精密なクリーニングを受けていただくことが可能になっています。また、ホームケアに関するご相談や提案も時間をかけて行っています。例えば歯磨きが少し苦手な方には、一般的にいわれるヘッドの小さい歯ブラシではなく、逆にヘッドが大きい歯ブラシをおすすめして、全体的に磨いてプラークの絶対量を少なくするようご説明するなど、患者さま一人ひとりの状態に合ったアドバイスをするように心がけています。むし歯予防に効果が高いキシリトールの具体的な活用法についても、詳しくお話をさせていただいています。

当院で行っているPMTCとは

歯科医院で行われる専門的な歯のクリーニングをPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)といい、ご家庭の歯磨きでは取れないバイオフィルム(歯の表面に細菌が作る膜)をプロの手で器械を使用して取り除くものです。特に強固な汚れの集合体であるバイオフィルムは歯ブラシで落とすことは難しく、歯科衛生士の手によってラバーカップなどの専用の機器を利用して丁寧に落としていく必要があります。バイオフィルムは一度壊しても3か月程度で再生してしまうため、3~4か月に一度PMTCを行うことで汚れのつきにくい綺麗な状態歯を保つことを推奨しています。PMTCを行うことによって表面の着色も取れて見た目にも美しくなりますし、歯の表面がツルツルになるので感覚的にも気持ちよさを味わっていただけます。
また、当院ではPMTCとあわせてジェット噴流で歯の汚れを除去するエアフローも行っており、歯の本来の白さを取り戻すお手伝いをしています。40分前後という長い時間をかけて隅々まで徹底的にクリーニングをすることで、患者さまのお口の中の健康の維持に努めています。

お口に関する不安なことは どなたでもお気軽にご相談ください 診療のご予約・お問い合わせはお電話にて ホームページを見たとお伝えいただけるとスムーズです

  • 診療時間 9:00~13:00/14:00~18:00(最終受付17:30) ※土曜日は16:00(最終受付15:30)まで ●休診日 木・日・祝
  • img-bottom_main02.jpg
  • お待たせしないための問診票
  • 医院ブログ CLINIC BLOG
  • 症例ブログ CLINIC BLOG
  • 求人案内 RECRUIT